加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 【加齢臭対策アイテム】石鹸・ボディソープ

【加齢臭対策アイテム】石鹸・ボディソープ

柿渋が有効!加齢臭用の石鹸・ボディソープの選び方

毎日きちんと入浴して丁寧に身体を洗っていても、加齢臭のニオイがなかなか取れない…という方も多いと思います。実はニオイのもとは洗い流すのではなく、ニオイの原因を除去することが肝心となるのです。加齢臭の場合、皮脂の酸化を防止してニオイを除去すると点では、ポリフェノールという成分が有効です。なので、ポリフェノールを多く含有されている柿渋由来のソープを選ぶといいでしょう。

おすすめはコレ!加齢臭対策にベストなソープ4選

薬用柿渋石鹸

薬用柿渋石鹸の商品画像
引用元:Yahoo!薬用柿渋石けんサイト(http://store.shopping.yahoo
.co.jp/manzoku-tonya/e131715h.html)
ニオイケアのみならず、使用感にもこだわりのある薬用石鹸

ニオイ除去、抗菌、吸着洗浄という3つのアプローチをして、嫌なニオイをしっかりと消臭してくれる石鹸です。

価格 内容量 有効成分
392円 100g トリクロカルバン

薬用柿渋石鹸の公式HPをチェック

プラスデオ デオドラントソープ

プラスデオの商品画像
引用元:サントリー公式サイト(http://www.suntory-kenko.com/skincare/deo/55100/)
サントリーが独自開発した4つのポリフェノールを組み合わせた石鹸

ニオイ除去、抗菌、吸着洗浄という3つのアプローチをして、嫌なニオイをしっかりと消臭してくれる石鹸です。

価格 内容量 有効成分
1,944円 100g ノナネール

プラスデオ デオドラントソープの公式HPをチェック

薬用柿渋石鹸 柿のさち

柿のさちの商品画像
引用元:柿のさちサイト(http://www.kakinosachi.com/soap/index.html)
創業105年のメーカーが伝統の釜炊き製法で作ったボディーソープ

特許製法で作られた泡が毛穴の奥まで入り込み、汚れや皮脂を洗い落としてくれます。

価格 内容量 有効成分
2,160円 110g 柿渋エキスなど

薬用柿渋石鹸 柿のさちの公式HPをチェック

アジカ スキンケアソープ

アジカ スキンケアソープの商品画像
引用元:アジカ公式サイト(http://www.agica.jp/lp/good2/index.html)
サントリーが独自開発した4つのポリフェノールを組み合わせた石鹸

ニオイ除去、抗菌、吸着洗浄という3つのアプローチをして、嫌なニオイをしっかりと消臭してくれる石鹸です。

価格 内容量 有効成分
3,360円 80g 竹炭、銀イオン

アジカ スキンケアソープの公式HPをチェック

なぜ女性の加齢臭対策に石鹸がよいのか?

女性の美容や身だしなみの大敵である加齢臭。その正体は、皮脂腺から分泌されるノネナールという物質です。

ノネナールは皮脂腺の中に溜まっている脂質が酸化してできる過酸化脂質と、脂肪酸であるパルミトオレイン酸がお互いに反応を起こすことによってできた物質です。

30代から女性ホルモンの分泌量が減少するにしたがって、少しずつこの酸化した脂の臭いが加齢臭となって漂い始めます。

ノネナールはただの脂の臭いではないため、いつも使っているボディソープだけでは対策として不十分。女性ホルモンが減少し始める30代から40代にかけては、今までとは違った対策が必要となります。

対策方法の一つとしておすすめなのが、ボディソープではなく「石鹸」を使う方法です。石鹸といっても一般的なものではなく、加齢臭対策を専用としているものを選ぶようにしましょう。

加齢臭用の石鹸には、強い皮脂の臭いや加齢臭の原因を抑える柿渋エキスなどをはじめ、臭いの元に働きかける成分がたっぷりと含まれています。逆に言えば、臭いの元に働きかけることができない洗浄剤を使っても、加齢臭にアプローチするのは難しいかもしれません。

加齢臭は通常、皮脂がたくさん含まれる場所から放出されます。皮脂腺は人間の体のいたるところにありますが、額から鼻までの「Tゾーン」や「ワキ」をはじめ、「デリケートゾーン」「胸から背中」などにも多くみられます。

ワキとデリケートゾーンについては、皮脂が特に多量に分泌される場所ですから、加齢臭を引き起こす要因が隠れていると考えられます。

このような場所に対しては、香水やミストなどをふりかけてもあまり意味はなく、かえって複雑な臭いになってしまう可能性もあります。

加齢臭は汗と違って、臭いを臭いで打ち消すタイプのものではありません。逆に言えば、加齢臭の原因にしっかりとアプローチをすることで、臭いを効果的に薄くすることができるのです。

石鹸のデメリットは?

石鹸はボディソープに比べて洗浄力の高いものが多いので、デリケートゾーンなどに使う際には刺激を感じる可能性があります。

そのため、加齢臭対策用の石鹸はワキや胸、背中だけに限って使うようにして、デリケートな場所には弱酸性の洗浄剤を使うなど、工夫して使い分けをするのも良いかと思います。

石鹸でゴシゴシと洗ってしまうと、かえってお肌が乾燥する場合もあります。加齢臭を予防するためには常に皮脂をきれいに除去する必要がありますが、神経質になりすぎてもかえって逆効果となります。

また、加齢臭対策用以外の石鹸を使うと、臭いの原因にアプローチできないため、臭いが取れない可能性があります。

加齢臭には加齢臭用の対策アイテムを使うのがもっとも望ましく、柿渋エキス・緑茶エキス・ミョウバン・銀イオン・クロロフィルなど殺菌・抑臭作用がある成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

上記の他にも、炭やベントナイトなど、臭いを吸収したり吸着して除去してくれる成分などもあります。各加齢臭対策用石鹸の特徴を押さえつつ、臭いにしっかりとアプローチしてくれる石鹸を選んでみてください。

石鹸の口コミ

最近若い頃と体の臭いが変わってきたというか、加齢臭?が出てきたような気がして、臭いが消えるという石鹸を使うことにしました。私が選んだものは柿渋エキスが入っているタイプの石鹸でしたが、使ってみるとすごくいい感じ。肌がスッキリして、臭いも気にならなくなりました。(33歳・女性)

カテキンが配合されている加齢臭用石けんを愛用しています。体のいやな臭いが消えて、お茶の爽やかな香りがとても清潔感があり、おすすめですよ。(49歳・女性)

女性加齢臭対策グッズ