加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 実は女性のがキケン!?加齢臭の徹底対策法マニュアル » ストレスをためない

ストレスをためない

ストレスを感じている人のイメージ画像

加齢臭は、食生活を始めとする生活習慣が原因で発生してしまう悪臭のことを指します。しかし、加齢臭が放たれる原因として、ストレスを溜め込むということがあげられるのです。しかし、それはどういったメカニズムが原因なのでしょうか?ここでは、ストレスで加齢臭が発生する原因と、少しでもストレスを緩和させる方法についてご紹介します。

複数の理由からストレスは加齢臭を促進させる

ストレスを感じると、人間は体内で活性酸素を発生させるといわれています。活性酸素は加齢臭の原因物質を増やす大きな要因となるため、中高年になってストレスの多い生活をしていると、より強い加齢臭を発するようになってしまうわけです。

なぜストレスが活性酵素を発生させるのか

以下のキーワードを一緒に解説していきます。

  • 副腎皮質ホルモン
    ストレスに対抗しようとして体内で分泌されるホルモンで、その分泌・分解過程において活性酸素を発生します。
  • 血管収縮
    ストレスは緊張をもたらすため、これが連続すると血管収縮による血流悪化を招きます。その後、血管が拡張した時、血流が激しくなることで多量の活性酸素を発生します。
  • 血糖値
    ヒトは強いストレスを受けると血糖値が上がることがあり、これも活性酸素を増やす要因です。

このようにストレスは複合的な要因によって体内に活性酸素を発生させ、加齢臭を増幅してしまうというわけです。

加齢臭自体がストレスになると状態を悪化させてしまう

現代において、まったくストレスのない生活をするというのは現実味がありません。仕事のストレスなどはそれこそ加齢臭どころではないプレッシャーとなっているヒトも少なくないでしょう。そうしたストレス要因は人によって千差万別。ここで提案できるとすれば、加齢臭自体をストレスにしないことだといえるでしょう。

加齢臭も個人差はありますが、歳をとれば誰にでも起こりうる現象なので、あまり気にやむことはありません。毎日きちんと入浴して、身だしなみも清潔にしているなら、周囲のヒトにもそれほど悪い印象は持たれないと思います。何より、必要以上に思い悩んでストレスを溜め込んでしまうと、それが加齢臭を悪化させてしまうと言われているのです。

女性加齢臭対策グッズ