加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 実は女性のがキケン!?加齢臭の徹底対策法マニュアル » 喫煙を控える

喫煙を控える

タバコを吸っている画像

タバコは、加齢臭を悪化させる活性酵素を増加させる恐れがあります。それだけではなく、体内に必要な栄養素を壊してしまい、体全体からニオイを放つようになってしまう可能性もあるのです。ここでは、加齢臭とタバコの関係や、それを打破するためにすべき行動をご紹介しています。ぜひチェックを。

有害物質によって喫煙が加齢臭を加速する理由

タバコが身体に悪いのはいうまでもありません。ニコチン、タール、一酸化炭素などタバコを吸うことで体内に入ってくる有害物質は、活性酸素となって加齢臭の原因成分をどんどん増加させてしまうのです。加えて、身体の酸化を防ぐビタミンも、喫煙によって破壊されてしまいます。野菜やフルーツ、サプリメントなどでせっかく摂取したビタミンも、タバコを吸ってしまうと台無しというわけです。

加齢臭対策をする上で、喫煙は絶対に止めなければならない生活習慣であり、血液中のコレステロールを酸化させるなど生活習慣病の一因でもあることを忘れないでください。加齢臭以外にも、ニコチンやタールが歯にこびりついていて、不快な口臭を発している危険性もあります。健康を維持するためにも喫煙者は今すぐ禁煙することをオススメします。

喫煙者の加齢臭対策は禁煙後の運動+抗酸化物質が鍵

禁煙することを前提として、体内改善をするなら適度な運動とバランスのよい栄養摂取を心掛けましょう。適度な運動は新陳代謝を上げることは、体内の活性酸素を減らす効果があるといわれています。

しかし一方、長時間の激しい運動は大量の酸素を摂取することから、活性酸素を増やしてしまうという説もあります。加齢臭に悩む世代の方で、アスリート並の運動をする方はそういないでしょうが、運動をするにしても歳相応で無理のない運動を継続するようにしましょう。

なお、栄養バランスという面で、忙しいビジネスマンにおすすめなのは、抗酸化作用のあるサプリメントの摂取です。ビタミンやポリフェノールなどを食事だけで十分に摂取できればいいのですが、現代生活ではそうした余裕がないのも現実でしょう。そんな場合は加齢臭向けサプリメントの中でも配合されている抗酸化物質に注目してください。

女性加齢臭対策グッズ