目次

  • 加齢臭のセルフチェック
  • 年齢と加齢臭のカンケイ
  • 加齢臭の原因になる化学成分とは
  • 内側が大事!加齢臭対策トラの巻
  • 加齢臭対策サプリをランキング
  • 【コラム】女性に知っていてほしいこと

About Us

夫婦
管理人のエージです。
このサイトは、妻(カオリ)から容赦ない
指摘・指導を受け、加齢臭対策を
がんばった私の備忘録としてにまとめた
ものです。同じ悩みを抱える人に、少し
でも参考にしてもらえたら嬉しいです
(※個人で調べたことばかりですので、
誤りもあるかもしれません。
ご容赦ください)。
加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 実は女性のがキケン!?加齢臭の徹底対策法マニュアル » バランスのいい食事を摂る

バランスのいい食事を摂る

代謝の悪い食生活が加齢臭を助長する点や、臭い防止にはどんな食事を摂ればよいのかなどを紹介

加齢臭は、その名の通り加齢により発される独特なニオイのこと。性別を問わず、誰でも発生する可能性があります。しかし、同じ年代の方でもあまり加齢臭を感じない方もいらっしゃいます。加齢臭がキツイ人とニオイを感じさせない人の大きな違いは、日々の食生活に関係しているのをご存知ですか?ここでは、加齢臭を改善に導く食生活に関する、たった3つのポイントご紹介します。

1)和食中心の食生活を心がける

日本では食の欧米化が進み、肉や乳製品、揚げ物など、脂肪を多く含む食事が主になってきました。しかし、毎日のように脂肪を摂取すると、皮脂の分泌が多くなってしまい、加齢臭を強くさせる原因になってしまうのです。

対策法として、低脂肪な食事が重要となってきます。そこで最もおすすめなのが、和食を取り入れること。魚や野菜、大豆が中心の和食は脂肪がとても少ないため、加齢臭の原因となる皮脂の分泌を抑制することができます。加齢臭を対策する上で、和食に使用される食材は強い味方になってくれるので、ぜひ食生活の見直しを考えてみてはいかがでしょうか。

2)抗酸化作用のある食品を取り入れる

加齢臭の独特な臭いの原因は、皮脂腺から分泌されるノネナールという物質にあります。これは、脂肪酸と過酸化脂質が結合して生成されるもので、とくに過酸化脂質は体内で活性酸素が増加することで相乗的に増えてしまいます。加齢臭をできるだけ抑えるためには、活性酵素を減らす=酸化を抑える努力が必要となります。ちなみに、活性酸化を増加させてしまう代表的な食べ物は、時間を置いた揚げ物。夜遅くのスーパーで、売れ残った揚げ物を買って帰って夜中に食べるといった習慣、身に覚えがありませんか?このまま続けてしまうと、着実に自分を酸化させていってしまいます。

身体の酸化を抑えるためにおすすめなのは、抗酸化作用を持つ食品を取り入れること。栄養素でいえば、ビタミン(A・C・E)、ミネラル、そしてファイトケミカルスなどが代表的です。以下に、これらが多く含まれる食材を紹介しておきましょう。

ビタミン
  • ビタミンA:緑黄色野菜全般(にんじん、かぼちゃなど)
  • ビタミンC:柑橘系のフルーツ、柿、いちご、トマトブロッコリー
  • ビタミンE:アボカド、アーモンド、ほうれん草、さんま
ミネラル
  • 亜鉛:玄米、小麦胚芽、レバー、牛肉、牡蠣
  • セレン:大豆、にんにく、玉ねぎ、魚介類全般
ファイト
ケミカルス
  • ポリフェノール:ブルーベリー、ブドウ、プルーン、生姜
  • リコピン:トマト、スイカ
  • カテキン:緑茶

3)食材は質の良いものを選ぶ

食事を和食にしたり、抗酸化作用のある食品を取り入れたり。せっかくそれを心がけても、冷凍食品などの加工品に頼ってしまっては、充分な栄養を摂取することはできません。食材は、加工をすることでその栄養価は落ちてしまいますし、長い保存のために科学薬品が使用されている恐れもあります。それでは、せっかくの抗酸化作用が無意味になってしまいます。

なるべく加工の施されていない食材を選び、自炊をした料理を食べるようにしましょう。自炊がなかなか難しいという場合は、新鮮な果物を食べたり、サラダを作ったりというところから始めてみることをおすすめします。

pagetop