加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 実は女性のがキケン!?加齢臭の徹底対策法マニュアル » 飲酒を控える

飲酒を控える

お酒の画像

加齢臭が発生する原因は、日々の生活習慣の中に隠れているのです。その中でも、ここでは飲酒と加齢臭の関係について詳しく紹介しています。過度な飲酒が身体によくないのは誰でもわかると思いますが、加齢臭への悪影響は具体的にどんなものなのでしょうか?まずは、以下の3つをご確認ください。

アルコールが加齢臭を発生させる3つの原因

1)発汗作用を促進し、ニオイが強い汗をかかせる

酒を飲むと、顔が赤くなってしまう方は多いのではないでしょうか?その原因は、アルコールを摂取することで血管が拡張するから。また、アルコールはカロリーも高いため、体内で酸化すると熱を発することもあり、汗の量が増えます。お酒を飲んでかく汗は多くのニオイ成分を含んでいるため、単純に暑くてかく汗よりもニオイがキツくなる傾向があります。

2)アセトアルデヒドが体臭をキツくする

アルコールは肝臓で分解されるのですが、飲み過ぎた場合はアセトアルデヒドという物質のまま全身の血管に流れていきます。この物質は刺激臭が強く、二日酔いの人がクサイといわれる要因で、これが加齢臭と混ざるとかなり不快なニオイになってしまいます。

3)過度な飲酒が活性酸素を増やしてしまう

アルコールを肝臓で分解する際、量が多すぎると活性酸素も発生させてしまいます。それによって体内の酸化が進み加齢臭の要因となってしまうのです。

飲酒は少なくして、ポリフェノールが豊富なものを選ぼう!

アルコールは飲み過ぎなければストレス発散になりますし、活性酸素を減らすことも期待できます。禁酒すべきとはいいませんが、少量に抑えられるなら対策の余地も十分あるのです。接待など、仕事でどうしても飲酒の機会がある場合は、量を抑えると同時にポリフェノールが豊富な赤ワイン、ウイスキー、ビールなどを飲むようにすると、多少なりとも抗酸化作用が期待できます。つまみは当然、揚げ物や肉類など脂質が多いモノは避けて、野菜や青魚などヘルシーなメニューを選ぶこと。

また飲酒時の対策としては、発汗時のニオイを抑える効果が期待できるサプリメントもあるので、こうした食品を日常的に摂っておけば、適度な飲酒も楽しめると思います。

女性加齢臭対策グッズ