加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 加齢臭の原因となる化学成分をやさしく解説 » 体から出るニオイ成分まとめ

体から出るニオイ成分まとめ

加齢臭はよくブルーチーズの臭いにたとえられます。また、加齢臭の原因成分にはさまざま。加齢臭の成分を知ることは、加齢臭への対策に必須です。ここでは主な成分や特徴、発生のメカニズムについて解説をしていきます。

主な加齢臭の原因成分と活性酸素との関係

加齢臭の臭いにはその原因となる成分があります。ここでは関係の大きい原因成分とその臭いの特徴などを紹介しておきましょう。

成分名 概要や臭いの特徴など
ノネナール カビ臭いような臭いで、古雑誌やローソク、ブルーチーズの臭いなどに近いといわれます。
ジアセチル 主に40代男性の頭皮から分泌される成分で、酢の120倍ともいわれる脂臭を発します。
9-ヘキサデセン酸 皮脂線から皮膚表面に分泌する脂肪酸の一種で、活性酸素によって酸化するとノネナールに変わります。
ペラルゴン酸 20代後半から30代男性に見られるミドル脂臭の原因成分で、脂っぽい臭いが特徴です。
パルミトレイン酸 皮脂に含まれる脂肪酸の一種で、若いうちはあまり発生しないのが40代頃から発生しはじめて、活性酸素によって酸化するとノネナールに変わります。

このように世代による違い、臭いの違い、臭い成分の元になる成分といった区別を理解しておくといいでしょう。

加齢臭の原因成分が発生しやすくなる仕組み

上で紹介したような成分がどうして加齢とともに増えるのか、その仕組みも紹介しましょう。

皮脂の分泌を増やしてしまう要因としては、脂っこい食事や喫煙、多量の飲酒などが関係しています。これはメタボとも共通する生活習慣で、不摂生の蓄積が中高年になって体質に影響を及ぼすと考えるとわかりやすいでしょう。

また、加齢によって身体の老化が進むと体内の酸化も促進されるため、若い頃と違ってノネナールが生成されやすくなるわけです。

女性に関していえば、女性ホルモンが減少する年代になると皮脂やパルミトレイン酸の分泌が増えて加齢臭の原因成分が発生しやすくなるのもわかっています。

女性加齢臭対策グッズ