加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » まずは知ろう加齢臭のキソ知識 » なぜ臭う?

なぜ臭う?

加齢とともに発する臭い。年だから仕方ないと諦めていませんか?しかし、加齢臭の大きな原因は生活習慣の中に潜んでいます。喫煙や肉食への偏りなど、少し見直すだけでも嫌なニオイは随分緩和されるんですよ。このページでは、なぜ臭うかの原因やメカニズムについて、解説していきます。

仕組みから、なぜ加齢臭が発生するかを知る

加齢臭は文字通り一定年齢以上のヒトに起きる現象で、一般的には40代になると発生するようになるといわれています。若い時には出ない臭いが、歳をとることで出るようになるには、明確な原因があるもの。それをできるだけわかりやすく説明しましょう。

皮膚にある無数の毛穴には皮脂腺というものがあり、これが髪や肌の潤いをキープする役目をもっています。この皮脂の中にある成分を、過酸化脂質が酸化することでノネナールという加齢臭の原因物質が発生するわけ。

若い時は過酸化脂質がほとんどないのに、40代になるあたりから急激に増えることもあり、中高年以上のヒトならではの加齢臭が出てくるのです。また、40代以上になると身体を酸化させる活性酸素を除去する機能も落ち始めるもの。すると過酸化脂質も増えてよりノネナールが出やすくなります。

しかし、最近では20~30代前半の若い方にも、加齢臭と似たようなニオイが発生している方が増えてきています。常日頃から、生活習慣を正しておくことが大切ですよ。

加齢臭が出やすくなる生活習慣とは

加齢臭は老化現象のひとつともいえるので遺伝や生活習慣など複数要因に影響を受けます。それでも、多くのヒトに共通していえる生活習慣で注意しておきたい点もいくつかあります。

  • 肉類メインの食生活は皮脂腺に脂をためやすい
  • ストレスの多い生活をしていると活性酸素が大量発生する
  • 洗髪時にシャンプーやリンスが残っていると臭いの原因になる

また、皮脂腺の多い頭部や、臭いのある汗が出る耳の後ろや脇などは加齢臭の代表的な発生箇所。「パパの枕は臭い!」などと言われるのは、加齢臭混じりの汗が毎晩枕に染み込んでいるからです。

女性加齢臭対策グッズ