加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » まずは知ろう加齢臭のキソ知識 » そもそもどんな臭い?

そもそもどんな臭い?

加齢臭のニオイは、よく古い家のだとか、チーズのようなニオイに似ていると言われています。しかし、そんなニオイを発している本人は、その存在に意外とわからないもの。このページでは、加齢臭のニオイの種類について詳しく解説をしていきます。もしかしたら私、加齢臭かも…。そう悩んでいる方はぜひ確認しておきましょう。

例えば加齢臭はどんな臭いに近いのか

加齢臭の問題は本人自身がその臭いに気づきにくいという点。周囲のヒトに対して自分をどんな臭いを発散しているかがわからなければ、不安も増幅してしまうものです。そこで、加齢臭の臭いに例えられる代表的なものを以下に紹介します。

  • 古いタンス
  • 雑誌
  • ブルーチーズ
  • ろうそく
  • 押入れの中

臭いはヒトによって感じ方が違うので、他人に与える印象が一概にどうかはいえませんが、好印象を与えるものではないので、対策を検討したいところです。

加齢臭の臭いの原因物質とは

加齢臭対策を考えるにあたっては、その臭いの原因を知っておくといいでしょう。実は、加齢臭は他の体臭と違って原因成分がノネナールという物質であることがわかっています。これは皮脂腺から出るパルミトレイン酸という脂肪酸が過酸化脂質との結合で酸化したもので、表現するとすれば青臭く脂臭いニオイといえます。

そう、加齢臭対策とはノネナールの発生を抑える、つまりは脂肪酸の酸化をできるだけ抑えることがポイントです。

自分では加齢臭に気づきにくい理由とは

加齢臭対策で気をつけたいのが自分ではその臭いに気づきにくいということ。なぜかといえば、加齢臭は短期間で急激に発生するものではなく、日々そして年々発生してくるものなので、自分では臭いのに慣れてしまって、自覚できないというわけです。

手っ取り早い判別方法としては、家族など気心のしれた相手に確認してもらうこと。これはある程度歳をとれば誰にでも起きうることなので、恥ずかしがらずに相談してみるのが得策です。

女性加齢臭対策グッズ