加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » まずは知ろう加齢臭のキソ知識 » どうすれば防げる?

どうすれば防げる?

身体の内部から加齢臭を予防する方法とは

加齢臭は皮脂の脂質に大きく関係しているので、予防するためにはまず高脂質な食事を抑える必要があります。

欧米化が進んだ現代の食事では、油分を多く含んだ揚げ物や肉料理、こってりラーメンなどを好む人も多いですよね。しかし日本人は、動物性の脂肪を分解する酵素が少ないため、うまく分解することができず、そのまま体に蓄積してしまうのです。

これでは、体臭はおろか、健康にも影響が出てきてしまいます。

食事を改善するならオススメなのが、いわゆる純和食。元々日本人が主食としてきた、バランスの取れた食事です。

そして意識的に野菜を摂ることも大切ですね。ただし、脂質も体を動かすための必要な栄養素。一切摂らないというのも良くありませんので、ヘルシーな食事を心掛けましょう。

また、活性酸素も加齢臭を促進するので、抗酸化作用のある食品を摂ることで内部対策となります。

代表的な成分はポリフェノール、イソフラボン、セサミノール、リコピン、ペクチンなど。これらは赤ワイン、緑茶、大豆、ゴマ、野菜や果物などに含まれています。

また、運動不足やストレス、喫煙なども身体の酸化に悪影響があるといわれているので、こちらも合わせて改善しましょう。

身体の外部から加齢臭を予防する方法とは

加齢臭の外部対策とは身体から発生する臭いの発散をできるだけ防止すること。臭いはすでに発生しているという前提で、それを他者にはわかりにくくするための工夫です。

入浴ではゆっくり浴槽に浸かって毛穴の脂質を落としやすくするという方法もありますし、朝シャワーを浴びれば加齢臭が出るまでの時間を引き延ばす効果もあります。

また、加齢臭に効果があるとされる石鹸やシャンプー、サプリメントなども市販されているので、これらを使ってみるのもいいでしょう。

制汗剤やデオドラントシートなど出先でも手軽に使えるアイテムもあるので、特に暑い季節には汗をこまめにケアすることも大切です。

女性加齢臭対策グッズ