加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 年齢と加齢臭のカンケイ » 30代

30代

そのニオイ!30代でも臭う理由と対策

加齢臭は40~50代から始まるものだと思われがちですが、30代であっても加齢臭は出てきます。

ただし、30代男性から漂う全てのニオイの原因が加齢臭というわけではありません。その多くは「ミドル脂臭」だと言われています。

ミドル脂臭の特徴

主に頭から後頭部、首にかけて発生する汗のニオイのことで、一般的な汗臭さや加齢臭とは違います。ニオイの発生源が鼻と真逆の位置なので、自分では気づきにくいのが特徴です。

ミドル脂臭の原因となる成分は、近年発見された臭い物質「ジアセチル」。沸点が低く発揮性が高いため、気体になって匂いが広がりやすい性質を持ちます。

周囲の人に不快感を与えやすいので、日ごろから頭部を清潔に保つなど注意が必要です。

ジアセチルとノネナール

「ジアセチル」はミドル脂臭の原因物質で、使い古した油のようなニオイが特徴です。加齢臭の原因となる物質・ノネナールの100倍もニオイが広がりやすいと言われています。

女性には発生しない男性特有のニオイで、汗に含まれている乳酸がブドウ球菌によって分解されることでニオイが発生するのです。口臭の原因物質の1.4倍、足臭の原因物質の1.5倍ほどクサイと感じやすい特徴もあります。

「ノネナール」は、いわゆる加齢臭の原因となるニオイ物質。加齢に伴いホルモンの働きが衰え、脂肪酸が酸化・分解されることで発生します。青臭く、古本のような臭いが特徴です。

発生しやすいのは40~50代と言われていますが、ホルモンバランスや生活習慣によって30代の人にも発生することがあります。

胸や背中、頭部からニオイが発生するのが特徴で、男女ともに発生する可能性があります。

ミドル脂臭や加齢臭など、ニオイを防ぐためには、汗に含まれる乳酸の分泌を抑えることが大切ですが、この乳酸の過剰分泌は血行不良が原因。

適度に運動したりバランスの良い食事をとるなど、規則正しい生活を心がけましょう。

女性加齢臭対策グッズ