目次

  • 加齢臭のセルフチェック
  • 年齢と加齢臭のカンケイ
  • 加齢臭の原因になる化学成分とは
  • 内側が大事!加齢臭対策トラの巻
  • 加齢臭対策サプリをランキング
  • 【コラム】女性に知っていてほしいこと

About Us

夫婦
管理人のエージです。
このサイトは、妻(カオリ)から容赦ない
指摘・指導を受け、加齢臭対策を
がんばった私の備忘録としてにまとめた
ものです。同じ悩みを抱える人に、少し
でも参考にしてもらえたら嬉しいです
(※個人で調べたことばかりですので、
誤りもあるかもしれません。
ご容赦ください)。
加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 年齢と加齢臭のカンケイ » 50代以上

50代以上

どの部位が臭う理由かを知っておきたい、50代の加齢臭

50代になると中年オヤジならではのミドル脂臭は減少するものの、加齢臭が本格化する世代。30~40代で体臭の変化が起こったヒトも50代になるとさらに体臭が変わることを覚悟しておいてください。

20代の汗臭さは主に脇の下から発するもの。35~45歳がピークといわれるミドル脂臭は主に頭部や首から臭うもの。そして加齢臭は主に胸や背中など体幹部から発生します。もちろん、体臭はある日突然変化するわけではないのでケアをする場合もどの部位に注意するかは、こうした基礎知識が不可欠。ちなみに、マンダムの調査によると「加齢臭の臭う部位」という質問に対する正解率はたったの8%!多くのヒトが加齢臭の臭う主な部位を耳の後と思っているようです。

ニオイを消すために考えらえた石鹸やシャンプーを使おう

体臭を予防するために体を洗うことはとても重要ですが、間違えれば、逆に体臭を強くする恐れもあります。最近主流のボディーソープは弱酸性で洗浄力が落ちないように調整されているので少量でも洗う力は衰えません。そのため、肌を洗いすぎてしまい必要な皮脂まで取り除いてしまうので、雑菌のエサである皮脂分泌を促し体臭を強くする原因になるのです。そのため、石鹸を使用したほうが体臭予防の観点からも効果的と言えます。

しかし、石鹸であればなんでもいいというわけではありません。体臭の予防に効果がある石鹸は、抗酸化作用があると言われている柿渋、緑茶エキスなどのカテキン、ポリフェノール類や肌環境を弱酸性に整えるミョウバンが含まれている商品がよいでしょう。

すべての人に同じ効果が期待できるわけではありませんが、普通の石鹸よりもこれらの成分を含んだ石鹸の方が体臭対策に効果的なのは確かなので、含まれている消臭・殺菌成分を確認して、対策したい体臭やニオイの程度にあったものためしてください。

どれを選べばいい?効果的なシャンプーとは

シャンプー選びは、ニオイ成分「ジアセチル」の発生原因となる菌を殺菌し、代謝が抑制される成分が配合された「ミドル脂臭」対策用シャンプーを選ぶことが大切です。また、ミドル男性特有のねっとり頭皮脂をしっかり落とせる洗浄力の高さも選ぶときのポイントにしてください。

もちろんニオイがどこから出やすいのかをきちんと認識し、洗うべき場所を特に意識して洗うことも大切です。汗の多い、わき、加齢臭の出やすい胸と背中、ミドル脂臭には後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生します。石鹸やシャンプーを使った外からの対処は効果があり即効性もあります。でも、原因を取り除けたわけではなく、あくまで対処を施しただけに過ぎません。

並行して食生活や運動不足、あるいは喫煙など日頃の生活習慣を改善し健康的な生活を実行します。体臭は体内の代謝機能と密接に関わっています。疲労や体調不良の時は、体臭がきつくなることもあります。クサイは健康状態のサインと捉えて、前向きに消臭対策をしましょう。

pagetop