加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

加齢臭対策のすべてがわかるサイトHOME » 年齢と加齢臭のカンケイ

年齢と加齢臭のカンケイ

年齢に関係なくおそいかかる加齢臭の恐怖

加齢臭なんて、自分とは関係ないと思っている20代のアナタ!実はあなたも臭っているかもしれません。そして、加齢臭はおじさんのニオイだと思い込んでいたら違います!なんと、若い女性でも加齢臭はあるんです。そんな加齢臭の誤解を払拭し、年齢にあったニオイ対策を紹介していきます。

  • 加齢臭の誤解1 若者もクサイ
    40代以降はそのまま加齢臭と言いますが、10代、20代、30代は「若年性」加齢臭と言います。
  • 加齢臭の誤解2 女性でも加齢臭はある
    加齢により体臭も変化していきます。中年以降にみられる特有の体臭を加齢臭と言いますが、加齢臭は男性のみの症状と誤解されがち。加齢とともに男女の区別はありません。
  • 加齢臭の誤解3 加齢臭とおやじ臭は違う
    30代~40代の男性にみられる独自の体臭は、いわゆる加齢臭の主成分ノネナールとは異なるジアセチルが主成分。この不快な脂臭のもととなるジアセチルは酢の120倍もの強い臭気を放ち胸がムカムカするほどの不快感を与えるのが特徴です。
  • 加齢臭の誤解4 病気のサインかも?なんでも加齢臭のせいにしない
    糖尿病などの病気を原因とする体臭もあり、これらはその原因によって様々なニオイがあります。加齢臭だからと安易に放置すると病状の悪化にもなりかねません。

そもそも無臭の人間はこの世に存在しません。加齢臭は男性も女性も加齢とともに発生し避けようのないものです。しかし、正しい対策をすることによってニオイを減らすことはできます。

自分の体から嫌なニオイがでていたら加齢臭だからと放置せず原因をきちんと把握しましょう。ニオイがきつければきついほど相手に不快感を与えてしまう、それはよいニオイでも同じで、例えば香水のニオイもほのかなら心地よく感じ、きつければ悪臭に変わります。

自分の体臭は自分ではどうしても気付きにくいものです。知らず知らずの間に「スメルハラスメント」にならないよう早めの対策で快適に過ごせるようにしましょう。そのためには具体的にどんな対策がよいのか?ニオイの原因や年代の違いによる対策の方法を具体的に紹介します。

20代以下

加齢臭は、年をとった人から発生するイメージですが、実は「若年性加齢臭」といった20代以下の方でも加齢臭と同じニオイが発生する恐れがあります。また、それは病気の可能性も…。きちんと確認しておきましょう。

30代

食の欧米化が進み、近ごろでは30代の方でも加齢臭を発生してしまう確率が上昇しています。「ミドル脂臭」とも呼ばれるその症状の原因や、対策法について次のページでお伝えしていますのでぜひご確認を。

40代

加齢臭を一番懸念すべき年齢・40代。ご自分では気づいていなくても、職場でスメルハラスメントだと言われているかもしれません。すぐにできるニオイケアについてご紹介しますので、チェックしておいてくださいね。

50代以上

50代以上になってしまったら、どういったニオイケアを行なえばよいのでしょうか?日頃の生活に少し気を遣うだけでも、ニオイが少しずつ改善していきますよ。そのポイントを見ていきましょう。

女性加齢臭対策グッズ