加齢臭対策の入門書

女性のための加齢臭対策のすべて

女性のための加齢臭対策
臭いの原因と改善法を正しく知ろう

加齢臭は中高年特有の体臭を意味します。2000年頃、大手化粧メーカーの研究所により中高年特有の体臭の原因がノネナールであると判明し「加齢臭」という名称がつけられました。しかし加齢臭は男性というイメージが先行するあまり、女性には加齢臭がないと勘違いしている人も多く、その正体を正しく知る人は意外と少ないのです。

40歳を過ぎて臭いのピークを迎える前から、男女ともに正しい対策ができるように、知られざる加齢臭の基礎知識を紹介します。

女性加齢臭対策グッズ

サプリメントじっくりと臭わない体質に近づける加齢臭対策サプリを厳選しています。 クリーム気になる加齢臭をピタっととめる消臭クリームをご紹介!
香水・スプレー加齢臭を消すのにおすすめの香水や、消臭スプレーをまとめています。 石鹸バスタイムで加齢臭対策を。消臭効果が期待できる石鹸を集めてみました。 その他の対策法洗濯洗剤・汗ふきシートなどなど、加齢臭対策に役立つグッズを紹介しています。

加齢臭発生メカニズム効果的対策法

加齢臭の発生メカニズム画像加齢臭は「おじさん」「おばさん」と呼ばれる人たちから発せられる中高年特有の体臭ですが、中には20代から加齢臭を発する人もいます。これは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質が原因。
対処法は、加齢臭の原因となるノネナールを減らすための生活習慣の改善ですが、加齢臭を軽減させるグッズを毎日の生活に取り入れることで、より効果的な加齢臭対策が可能になります。

加齢臭はなぜ発生する?

男女ともに40歳を過ぎると加齢により酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加してしまうのです。そして20代から加齢臭を発する人も最近増加傾向にあり、若年性加齢臭とよばれています。ストレスや脂肪分の多い食事、不規則な生活などで体内の活性酸素が増加し40代と同じような体の変化が起きてしまっているのです。

加齢臭はケアできる!対策予防におすすめなアイテムとは

加齢臭対策にはさまざまなものがありますが、ここでは人気のグッズから、クリーム、スプレー、サプリ、ソープの4つに注目して紹介します。

対策方法 メリット デメリット
サプリ 使用を続けることで体質改善が期待できる 効果が出るまでに時間がかかる
クリーム 消臭効果が長続きし、即効性もある 使用加減がわかりにくい
スプレー 即効性があり、出先で簡単に使える 効果が長続きしない
ソープ 毎日の入浴で無理なく続けられる 持ち運びができない

体質改善ができるサプリと招集ケアのクリームのWづかいがベター

対策アイテム加齢臭対策グッズにはさまざまなタイプがありますが、やはりニオイの原因を根本から取り除かなければ意味がありません。そういった目的を叶えてくれるのはサプリメントですが、サプリメントは即効性がないため、クリームやスプレー、ソープなどとの併用が必要になってくるかと思います。中でもスプレーは一時的なものであるため、消臭の持続性にはあまり期待できません。その点、クリームやソープはニオイの原因に直接アプローチしてくれる商品も多いため、即効性と体質改善がどちらも見込めます。ただ、ソープは外出時の持ち運びが難しいため、さまざまなシーンでの活躍が期待できるのは、クリームではないでしょうか。

このサイトでは、加齢臭のニオイケアができるサプリ、クリーム、スプレー、ソープをいくつかピックアップして紹介しています。ぜひご確認ください。

加齢臭に有効な成分を知っておこう!

加齢臭は、「ノネナール」という成分が増加することによって強くなります。ノネナールは、9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が分解されることによって起こります。ですので、この脂肪酸の発生を抑える、分解を抑える成分が効果的です。また別のアプローチとして、ノネナールの臭いを抑える成分も有効です。

有効成分1:タンニン

加齢臭に有効なサプリメントやクリームに含まれていることが多いのが柿渋エキスです。柿に含まれているタンニンは水溶性で、多くの物質と結合し別の物質に変化させることで消臭効果を発揮します。また強力なタンパク質凝固作用を持っています。これは殺菌に使われるエタノールと同様の作用であり、エタノールと同様に強力な殺菌効果を持っています。この効果によって脂肪酸の分解を抑えることで、ノネナールの発生を抑えることができるのです。

参考:『タンニンの効用』J-STAGE
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1915/78/10/78_10_728/_article/-char/ja/

有効成分2:カテキン

お茶に含まれている成分として有名な「カテキン」ですが、これはお茶の渋みを感じさせる元となる成分です。先ほどのタンニンも柿の渋み成分であり、カテキンにもタンニンと同様の消臭効果があります。

またカテキンには体脂肪を蓄積させにくくする効果があり、これらをアピールした特定保健用食品も販売されているほどです。体内に脂肪を蓄積させにくいということは余分な脂肪が体に留まらずに排出されるため、皮脂として分泌されるものが少なくなり、結果的にノネナールが減少する、ということになります。

参考:『健康食品の素材情報データベース』HFNet
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail615.html

有効成分3:鉄クロロフィリンナトリウム

鉄クロロフィリンナトリウムは、植物由来の天然成分であるクロロフィルから作られた成分です。この成分は、臭いを発する成分を非イオン化することで、臭いを出さないようにする成分です。

こちらは50年以上も使われてきた添加物で安全性も確認されており、紹介した商品以外にも多くのサプリメント等に使われています。クロロフィルには殺菌作用も確認されているので、脂肪酸の分解を防ぐ効能もあります。

有効成分4:イソプロピルメチルフェノール

今まで紹介してきた3つの成分は主にサプリメントに使われているもので、体内から加齢臭を抑えていく効能があります。これから紹介していくのは、主に防臭クリームに使われている成分です。

イソプロピルメチルフェノールは刺激性が極めて低く、アレルギーを起こすことがほとんどないこと、また過剰な殺菌性ではなく、広範囲の菌に柔らかく効くため、多くの商品に使われるのです。

殺菌力がそれほど強いわけではないので、皮膚に直接塗っても常在菌を殺菌することはできますが肌を荒らしたりすることはありません。また非常に安定した化合物であるため長期保存も効き、クリームに配合するにはうってつけの成分です。

参考:『腋臭原因菌に対するトリクロサンとイソプロピルメチルフェノールの併用効果』(株)マンダム 中央研究所
https://ci.nii.ac.jp/naid/10021924466

有効成分5:パラフェノールスルホン酸亜鉛

制汗剤によく使われる、汗を抑える働きを持った成分が「パラフェノールスルホン酸亜鉛」です。パラフェノールスルホン酸亜鉛は変わった性質を持っており、毛穴から出てくる汗と結合して、外へ流れ出ないようにするのです。

またパラフェノールスルホン酸亜鉛は金属塩という物質の特性として収れん作用を持っています。収れん作用によって毛穴が縮まり、汗を抑えるので、2重の効果で汗を抑えるというわけです。制汗作用があるものは、加齢臭防止の大きな味方となります。

有効成分6:ミョウバン

「ミョウバン」も有効な成分のひとつです。この物質は防火剤、消火剤、皮なめし剤など非常に多彩な用途があり、なんと古代ローマ時代から利用されてきたという非常に歴史の古い成分です。

ミョウバンには収れん作用とそれに伴う殺菌作用があります。またやや苦みはありますが食品添加物として利用されており、安全性も高い物質です。歴史が古くスーパーなどでも簡単に手に入るほどポピュラーで効果も高いため、消臭スプレーなどにもよく利用されています。

参考:『ミョウバン』理科ねっとわーく(JST)
http://rika-net.com/contents/cp0100a/contents/3490/3490.html

有効成分7:ローズマリーエキス

香辛料やハーブとして用いられるローズマリーの成分、「ローズマリーエキス」も非常に歴史は古く、17世紀から使われていたという記録が残っています。

ローズマリーエキスには、消臭効果、抗菌作用、抗酸化作用があり、加齢臭の防止に必要な作用が全て揃っています。またポリフェノールを多く含み、収れん作用もあるので汗を抑える効能もあり、加齢臭対策にうってつけの成分です。

参考:『健康食品の素材情報データベース』HFNet
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail615.html

有効成分8:アスタキサンチン

アスタキサンチンは薬としてよりも色素物質として知られており、海藻類やエビなどの甲殻類などに含まれ、広く自然界に分布しているのがこのアスタキサンチンという物質です。

アスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防護しています。この抗酸化作用が体の内部の脂質過酸化反応を抑えてくれると考えられるため、脂質が関係する加齢臭のケア製品には多く使われています。

参考:『健康食品の素材情報データベース』HFNet
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail615.html

まずは知っておいて!加齢臭キソ知識

加齢臭の嫌なニオイは、原因である本人はなかなか気が付かないもの。ここでは、加齢臭についての知識をお伝えしています。もしかしたら自分も…と心当たりがある方は、ぜひ確認しておきましょう。

年齢加齢臭カンケイ

意外と心配している人が多い加齢臭。いったい何歳くらいから臭い出すものなのでしょうか。加齢臭の原因とされるノネナールという物質は男女ともに40歳を過ぎると急激に増え始めます。そして女性の場合、更年期を過ぎて女性ホルモンが減るとともに、皮脂線の制御が効かなくなるため、より加齢臭が強くなる傾向があります。

そして、男性の場合60歳を過ぎて男性ホルモンの分泌が減るにつれて皮膚の分泌が減り、加齢臭が弱まっていく傾向があるのです。また、20代でもストレスや生活の乱れなどで体内に活性酸素を増やしノネナールが発生しやすい状況になると若年性加齢臭といわれるように若いうちから加齢臭が発生し始めることもあります。年代別に原因や対策について説明していますので、早めの対策の参考にしてください。

もしかして私、ニオってる?加齢臭の
セルフチェック

自分の臭いには慣れてしまうものなので、他人のニオイには敏感でも、自分の加齢臭には気付かないものです。家族や同僚に臭うといわれてからでは、とてもショックを受けますよね。
そして、周りの人にも不快な思いをさせていたなんて、想像しただけでも、とても傷つきます。そんなことになる前に、ここでは簡単にできる加齢臭のセルフチェックを紹介します。